冬越しを終えた東向きのベランダの植物たち

2020〜2021の冬は寒かったですね。雪もよく降りました。
ひさしぶりの植物日記です。気温が上がってきた今日は天気もよく朝日が眩しいです。

東向きのベランダの画像
東向きのベランダの画像
東向きのベランダの画像

まず雪のせいで、アガベのチタノタとホリダ、パキポディウムのグラキリスが星になってしまいました。。防寒してあげればよかった。

ikeaの温室は1月中にしまって中の植物は出しました。
ニトリで棚を買って増設しました。ベランダの布団など干すスペースが広くなり、植物に効率よく陽が当たるようにできたと思います。

アデニウムの画像

アデニウムは温室から出したあと雪が降って枝先が痛んでしまいました。下の方は生きていますので、これからの復活を期待します。

ラウィの画像

エケベリアのラウイは持ち堪えた様子。

王冠竜の画像

王冠竜は雪をかぶって斑入りのようになっています。

ガーデンセンター不二さんで二代目の恵比寿笑いを買いました(580円)。新しい葉がのぞいています。(写真紛失)

アテナータの画像

アガベのアテナータは11月からずっと室内に入れていました。すごい暖かった日に外に出したんですが、その次の日がすごく冷えて、その一日でやられてしまいました。アテナータは成長が早いので持ち返すと思っています。

ギボウシの画像

ギボウシもよくみると新芽が出ていました。

各所ではサボテンの花が咲いていますが、我がベランダではまだです。
もう少し暖かくなったら、咲くのかなと楽しみにしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました