夏休み名古屋レコード巡り&読書

    リンクに広告が含まれている場合があります
    • URLをコピーしました!

    ※まだ夏休みのことですいません。

    らけいこの、もりそば

    滋賀&三重遠征の翌日、またレコ掘りへ。
    出かけたきっかけは、ミュージックファーストにいい感じの書籍がたくさん入っていて、読みたかったのがあったから。

    この日は気分を変えて、東片端のらけいこでつけ麺を食べてから。
    もりそばにセブ肉追加でぜいたくに。最高でした。

    ユニオンの外観

    ユニオンから。
    ここでなんと、その読みたかった本を発見。
    思ってたより安かったし、状態もきれいだったので買い。

    ここで終わりとならずに、ふだん通り巡る。

    <省略>

    熱田のブックオフでいい感じのサイン入りレコ発見。(買ってない)
    ブックオフって、何気にサイン入りレコが多い気が。

    ブックオフで見つけたサイン入りレコード
    ブックオフで見つけたサイン入りレコード

    たしかこの後、港区のブックオフへ行った。(何も買ってない)

    そして彷徨うように鳴海のブックオフへ。

    ブックオフで見つけた補充前のレコード

    棚にはなにも無かったが、補充前のレコードをワゴンに発見!

    ブックオフで買ったレコード

    カーティス・メイフィールドのスーパーフライ。ジャケの裏もちゃんとあり。
    これで満足して終了。

    そして読みたかった本はこれ。

    レコード・バイヤーズ・ダイアリーという本

    レコード・バイヤーズ・ダイアリー。
    いやいやアンタ、読んでないの??って、言われてもしかたないかもしれない、レコードディグ本の初歩っぽい1冊。
    今まであまり興味がわかずスルーしてたが、やっとゲット。

    ざっくりの感想としては、当時の海外のレコード買い付けについてよくわかる本だと感じた、レコード発掘みたいな部分はちょっとうすいかもしれないが、それでもレコード掘りが好きな人には、かなりおもしろいと思える内容の本だと思う。

    そして、最後に載っているコラムが非常に興味深かった。

    中古レコード NOW & THEN 〜レコードハンターは塩化ビニルの夢を見るか?〜という題目で、2005年の中古レコードの状況と、その将来についての予測を書いたコラム。

    要約すると、2005年頃からインターネットオークションでのレコードの売買が広まり、中古レコードの価格がネット上での相場基準となり、店ごとの価格差がなくなり、店頭での掘り出し物が見つからなくなり、リアル店舗も減少し、レコードハントが過去のものになってしまうだろうという内容。

    18年が経過した今読むと、その予測の多くは当たっていることがわかり驚く。ただ、それほどの危機的な現状ではないと思った。

    多くの店が閉店したが、新しい店もオープンしている。
    レコードブームが何年も続き、新譜がたくさんリリースされている。
    確かに掘り出し物は減ったが、今でもないことはない。

    2023年でも、まだまだレコードハントは楽しめる。
    どれだけネットが普及しても、レコードが掘りつくされることはない。
    自分の知らないところで、まだまだディープな世界が待っている。
    レコードハントに終わりなし。

    ¥2,645 (2023/09/10 07:14時点 | Yahooショッピング調べ)
    閲覧ありがとうございます。
    ランキングボタンのクリックが更新の励みになります。

    おもしろかったら拡散をお願いします!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次