レコード収集家に贈る ブログを始める理由とその魅力こちら

夏休みレコード屋巡り遠征 三重県四日市編

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

続き。
はるばる来た滋賀県を早々に離れ、三重県の四日市へ。

四日市あたりには何度かレコードを買いに来たことがあるが、最後に来たのはいつだったか思い出せない。
4、5年前にブックオフを回った記憶はある。
個人的には、そんな場所。
移転したRed Houseが、インスタで見ていていい感じだったので行ってみることに。

店の場所は繁華街ゾーン。
安い有料Pを探してあたりをぐるぐるして、その後もいまいち場所がわからず歩いてぐるぐるして発見。
(この日、滋賀県から広範囲でぶらぶらしてきたので、かなりぼーっとしていた。)

三重県四日市のレコード店Red Houseの外観

レコードの看板が目印。

お店はそんなに広くもなく、ミニマムなレコード屋さんといった印象。(CDとカセットもすこしあり)
歌謡曲、日本盤のロック中心の王道のジャンルがメイン。DJ的視点のコメントが書かれているが特徴的。
おもしろいレコードを、よりすぐって出しているのかな。

今回の収穫。
ほしかったやつが見つかった。

三重県四日市のレコード店Red Houseで買ったレコード


デビッド&ミッシェルの、喫茶ロック〜ソフトロック的な1枚。

両面ともさわやかでいい感じ。歌詞に夕日も入ってるし。

お店の価格設定がかなり安く感じたので聞いてみたところ、レコードは庶民の娯楽なので安くするというのがモットーなんだそう。素晴らしいですね。

お店のインスタ(住所もこちらから確認してください)

お店を出るとまだ16時半ごろ。
昼飯も食べてないし、せっかくなので夕飯を三重で食べていくことに。

ノープラン&微妙な時間で、店選びに悩む。
悩んだあげくよさげなトンテキに決め、なんとなく車を駐車場から出し、向かってみるとなんともろアーケードの中。
しょうがないのでまた駐車場に車を停め歩いて向かうと、休みだった…。
もういろいろ、どうでもよかった。

ちょうど時間が17時前となり、トンテキで一番有名な来来憲が開くので向かうことにする。

トンテキで一番有名な来来憲の外観

着いてみると、まさかの大行列。さすが有名店。
昔友達と来たときは、ここまで並ばなかった記憶が。
もうしょうがないので並ぶ。

しばらく並んで待っていると、救急車がきた。
お店のおばあちゃんが倒れたらしく、運ばれていった。
そんな光景をぼーっと見ていた。

そんなこんなで1時間以上が経過。
食べ終えて店から出て行く人はいるが、行列が全然進まない。

やっと進んで店中に入ると、空席ばかり。。
他のおばあちゃんらでがんばって回していたようだが、このペースが限界だったらしい。
いつもこんな感じだったらちょっとキツいかな。

トンテキで一番有名な来来憲のトンテキ

味のほうは、旨味ガツンと系で間違いない感じ。
おばあちゃんめちゃ忙しそうだったけど、ご飯と豚汁のおかわりは快くしてくれました。
ごちそうさまでした。

閲覧ありがとうございます。
ランキングボタンのクリックが更新の励みになります。

おもしろかったら拡散をお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次