レコードの価値

レコードの値段
レコードに貼られた値札。とったりとらなかったり。
AD

レコードの価値について


レコードの価値ってなんなんでしょうか?
最近なんとなく、考えるようになってきました。

果てしないテーマかもしれませんし、もちろん考えは人によりそれぞれです。

それでも、考えてみます。

まずいくつか言葉を定義します。

”レコード”とは

演奏などを録音し、レコード プレーヤーによって再生する音盤。

Oxford Languagesの定義

要は”音”が入っていて、”モノ”であるということですね。CDやカセットというフォーマットでもレコードと言えます。レコードって言うとアナログレコードを連想しますが、正しくはVinylなわけですね。

”価値”とは

どれくらい大切か、またどれくらい役に立つかという程度。またその大切さ。ねうち。

Oxford Languagesの定義

”値打ち”というお金的な部分だけでなく、”大切さ”という気持ちの部分も含まれるわけですね。

これに沿って考えていきます。

一番は、音楽を楽しめるということでしょう。
これはレコードが音楽を記録したものであるので、当然です。

それ以外の価値について、いろいろ考えてみます。

良い音で音楽を楽しめる

これはフォーマットがアナログレコードの場合、よく挙がることですね。
100%、アナログレコード=音が言いというわけではないですが、いい録音のレコードをいい環境で聴いたとき、きっと感動するような良い鑑賞ができると思います。

レコードでしか聴けない曲がある

未CD化や未配信の、レコードやCDやカセットでしか聴けない音楽が存在します。
この場合、”モノ”という部分の価値が大きくなりますね。
世界で1枚のレコードとか、探すロマンがあります。

プレミアがついて価値が上がる

需要が供給を上回ると価値が上がり、取引される値段が上がります。

音楽の価値は変わりにくいので一定の価値がある

内容に価値があれば、”モノ”としての価値も一定になります。




コメント

タイトルとURLをコピーしました